『臨床は上手く行っているから、安心だぜ』は、ありえない時があるのです。

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

2つのブログの流れについて書いてあるのは、話し合い…スプリント...

良く噛めるようになり、わずかにすり減ったのかもしれない。

でも、それは微妙のはず。

わずか4~5か月で紙1枚もすり減るなんてあるわけないだろうし…。

むしろ、この位置関係誤差に何かがあると考えた方が良いのでは...と思える。

と言うのも

この歯のプラスチック部がすり減るなんて…。

下の歯の状態です。

咬合面自体にすり減りというか、咬耗が進行している。

問題、なぜ?!

ここがやられてしまったのか!!

そんな発想もあるかもしれません。

今回はここまでとします。また。。。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

関連記事

  1. 新人、院長と闘う⁉

  2. 歯が痛い!歯が痛い!顔が痛い!”って、言う話の続きの巻き

  3. ”デジタル元年⁉じゃあ、どうするの?って、言う…

  4. 勝者!新人!院長、見事に破れるの巻き…

  5. “院長はネジが外れているのか?外れているから理解できないのか…

  6. ”私だって、私だって”私ばかりと思う時だってある。そんな話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)