新人、院長と闘う⁉

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🦩

〜新人と院長の闘いの話〜

ある臨床の話です。

右手が痺れる。歯が関係あるのでしょうか?

この際に、どの歯が関係しているか、偶然か、はたまた神が降りたのか。院長が、この歯に問題があると(咬耗の進行に)判別します。方針が決まり早速金属の除去が始まります🛠*シュミレーション後の判別になります。

2人は一丸となり協力体制をしている🤝

虫歯が残っている像🐘

う蝕検知液で確認している状態

➖新人VS院長➖ ラウンド3🥊

う蝕検知液‼️院長が歯科医療の威厳ある声で見せ場を作る👷🏽‍♂️(ハズだった…。)

新人☞……。

院長☞動く為の儀式が始まったと見たか、或いはフリーズと見たか😶

何も言わず検知液を新人に渡す✋🏼

う蝕検知液。虫歯確認において大事なアイテム。因みに、日本人が開発した優れものです。総山先生になります。

そして虫歯を取り除く😈この時の2人は息が合う🌬

院長☞こけんにもとい、眉間にシワ寄せる😟

つまり…院長、敗れる😜

一つの作業が終わり患者さんとの会話が始まる👥要約すると…

イメージとしての理解。その程度の物としてご了解ください。

💠銀歯を白く変えたいとオーダーしました。これが、問題で手が痺れる事になったのでしょうか❓(患者からの質問でした)

💠主訴は歯が直ぐに腫れて困る😣➡︎実は、減っています、というか消えて来ています。

💠前医には抜く事を勧められた➡︎今の所抜いていません❗️

💠Brかインプラントと言われる。(抜いた後は、この手法を紹介される)

新人、問診の際、前後関係を把握していない為、一人テンパる。こんな事が現場で起きているのか。それは、正しい事なのか、あるべき姿なのかと、正義感に満ち溢れる頼もしい新人です。踊る新人という事でしょうか?

💠体調は、前医の際、歯を変える(治療が進む度に)となんだかおかしくなってきている気がする。➡︎今は元気になっています💪🏽

💠手の痺れを覚える➡︎消えています✨

💠顔の形が歪んできた気がする➡︎眼のラインが戻ってきています👁

💠そもそも咀嚼という視点で考える時、如何に不自然な応力負担が来ない様にするか❗️

💠この視点で今まで取り組んで来たにすぎません🗒

*そんな通院歴があります。

(新人、だから落ち着いてきているんだ…)と呟く。院長より、焦るな。頭で勝手に考えても仕方あるまい。やらかす事じゃない。分からない中、一人で訳が分からない方向に展開を持って行きなさんな。ややこしくなるから、黙っていなさい。それが、今の君の仕事です。こんな指示が患者の前で飛びます。

💠このデザイン・設計というのでしょうか⁉️*この意味合いだけ紹介させてください。

デジタル化の技術が実は相当に貢献しています💻🎥この紹介は、またの機会に。

 

…長くなったので今回はここまで🤓🤚

読んで下さりオーレイ(御礼)💃🏼

またお👀にかかりましょう🦦🌱

関連記事

  1. ”デジタル元年⁉じゃあ、どうするの?って、言う…

  2. ”私だって、私だって”私ばかりと思う時だってある。そんな話

  3. 勝者!新人!院長、見事に破れるの巻き…

  4. 新人。院長をお付きの者として従わせるの巻き?

  5. あの頃は”ハッ!”という歯一つで、変わる事があるかもしれない…

  6. 本日「1月4日」より、仕事始めです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)