”私だって、私だって”私ばかりと思う時だってある。そんな話

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

院長は常日頃、組織が大きくなれば自分も大きくなれる。(資格を得られると言ったニアンスの方が正しい。)

組織が強くなれば、自分も強くなれる。(その資格が得られると言ったニアンスの方が適切。)

こんな事を、私には事あるごとに言われます。私には分かる様で分からない話でありました💨

そして、同時に、こんな事も言われます。


自分が大きくなろうと思わなければ、組織も大きくなれない。😏

自分が強くなければ、組織も強くならない。😇

但し、組織に影響力を持つ人間でなければ、この言葉は成立しない。組織の庇護の下で守られてる人間は、その限りではない。

こんな事も言われます。

私には、分かる様で分からない話です。


院長は、デジタル化元年(と、国は決めたのだと私は思っています。)になるよな。。。否が応でも、デジタル化に巻き込まれる訳だから、対応しないといけないよな。

実は院長のコンピューターに精通していないくせに、クリニックのPC環境を進化させてきた。

私も聞かないから、その…、問題なのかもしれないけれど、実はPC環境を強くする→管理が大事になる→それぞれの個が(こすが歯科に働く人)情報管理能力を上げないといけない。

この意味を私は全く持って取れていなかった。

さて、こんな口腔環境の患者が来院しました。

この作業に於いて、院長という組織の長とは別に、衛生士部門に於いても、責任を持って動く人がいる事を改めて知った。考えてみれば当たり前だ。

初診時、レントゲン所見です。

 

院長は、私にその地位を選ぶように白羽の矢を打ち続ける。

口腔環境は、このような状態でした。歯周病所見があるという見方もあるかもしれません。

私は命がけで拒んだ。いえ、拒み続けた。それが、正しい。だからかもしれない。指示を忘れてポカする時もあった。

彼は泣き言も言わず、唯、黙っていた。


けれど、事件は起きた。

新人教育についてだった。

座学は順調に進んでいるとはいえ、臨床は中々だ。(そう期待通り上手くいくわけがない。当たり前だ。それを、私は傍観をしていた)一堂は滑稽に、その現場の一風景を物語にしたけれど、院長には、たまったものでなかったらしい。

患者の身体の不調に対し、医療現場は命がけなのに、横から片っ端に事件を起こす。(新人だから仕方ない)

初診時の状態をスキャンしたものです。ここに、どんな課題が潜んでいるのでしょう。

私達は、現場が例えるなら、そう”戦場だ”。

院長の背中から、引くことは許されないと言う意思だけが滲み出ている。だから、彼は、私らに言うのだ。『見捨てられるのは、俺たち。傷付くのは、俺じゃないといけない。患者を見捨てちゃいけない。ギリギリまで、ギリギリまで、踏ん張らないといけない。そのギリギリを越したら、もっと、キワキワまで耐えないといけない。キワキワが無理だったら、フラフラになっても堪えないといけない。どこかに解決の糸口がある筈。それが仮に細い糸でも向かわなければ。そんな事を、(ここではこの表現を選びたい)嘯く。*そんな話は、私の目から見た歴史は、また別の機会に譲りたく思います。

流石に院長が新人を怒鳴りつけた!

そしてその後、私にも怒鳴りつけた。

私は・・・

「私ばかり怒る。」と感情的に返した。


下顎の状態。スキャンした際のものです。歯科医達は、ここから何を課題として見出したのでしょう。

院長が、そう、どんな時の弱気を見せない(よう振る舞う)人から、初めて泣きが入った。

いつまで、俺に依存する。何故、責任に対し逃れ、全てを院長の責任にする。

覚えておけ!人間はスーパーマンにはなれない。

スーパーマンの如く人間が振る舞うには、それぞれが責任を取る覚悟と行動が必要だ。各々が役割に対し、逃げないことが大事だ。

そして、その責務を時に命がけ、時に我を忘れ全うする。

それが唯一スーパーマンに近づく方法だ。


教育は一堂に任せると言ったが、指導は全体で責任を負って育てる。これは、院長の仕事をする事でないだろう。いつまで甘えるんだ。

一区切り落ち着いたと判別した口腔状況。奥は義歯になります。デザインは編集役から許可が下りなかったので、ボカシています。黄色い線が、キーになるようです。

「私ばかりに押し付ける。」

それが、私が彼に返した。精一杯の抵抗だった。

今回はここまで。

㋗収まる話ではありません。よろしければ、また覗いて下さい。

私には、分かる様で分からない話でした。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

関連記事

  1. “デジタル化は、各々のクリニックで個性があって良い筈。じゃあ…

  2. 新人は、幾つも通らねばならない道がある?そんな、一場面の紹介…

  3. エアコンを変えました!という報告。

  4. “院長はネジが外れているのか?外れているから理解できないのか…

  5. 流行病が、日本中を駆け巡っています。けれど…て、呟きたい私で…

  6. ”治療には色々な考え・理念・哲学がある。そんな紹介。でも大そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)