麦わら帽子は何処に行ったかは映画の話。顎が何処に行ったのかは歯科の話。今回は歯科の話。

その人は突如来られた。

「私の顎は、どこに行ったのでしょう?」

昔、再放送で見た確か”人間の証明”と言う映画に、こんなセリフがあった。

「お母さん、僕の麦わら帽子はどこに行ったのでしょう?」

松田優作が出演されていた映画になる。ナビゲーターの丸幸 礼子です。

この模型を見て、顎が何処に行ったのかが

『分かる!!』

と言う方がおられたら見事です。

模型上では、実際何ら分からないと言うのが実際かと、手前勝手ながらに思います。

国語の表現が豊かな方で、「私の顎を返して欲しいのです。」主訴を見事に、そして、端的に言い表します。院長は、「『顎のふらつき』そんな現症になるよな。」ポツリと呟きます。

「私の顎は戻ってくるのでしょうか?」

「口を開けても苦しい。」

「口を閉じても苦しい。」

「話していても、苦しい。」

「食べても苦しい。」

「顎はここにあるのだけれども、ここにないの。」

「私の顎は、どこに行ったのでしょう?」

あっ、今ですか。報告として。『顎、ここにあると分かります。』『奥歯で噛めます。』『顎が戻って来ました。』『顎を返して頂きました。』とさ、こんな言葉を頂いております。

そんな事が、実際にあるのか?う~ん、どうなのでしょう。でも、私は実際に目にします。信じるも、信じないも全てはあなた次第です。歯科界の、臨床の世界のお話です。読み物として、流して頂ければ…

”顎のふらつき”

そんな現症を少し紹介してみたく思いました。これも、立派な病気です。病名等のお話は、機会があれば紹介したく思います。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

関連記事

  1. 保険で賄えている枠は一旦、向こうに置いて、顎関節症の今(日本…

  2. 覚悟の奨めは、未来に進む力になるのか、(見る事は出来ないけれ…

  3. 品格や品性は、何気に大事だと思いました。一堂の感想です。

  4. 美味しい物も、時には寒く、時にはしょっぱく食べる時もある。で…

  5. ロー〇ックスと、ロー◇ックスの、㋹と㋱の違いが人を変える&#…

  6. 街の一員と認めてもらうには、色々な方法がある。そんな話。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)