「身体の調子と咬み合わせの状態が変わった」というホンマでっか、というこすが歯科からのレポート

ナビゲーターの丸幸 礼子です

院長と話す内に、何度も繰り返される言葉がある事に気が付きます。

何故だろう?と考え続けていたのですが、1人の患者を見て、私なりに納得した事があったので紹介します。

鼻は通らず匂いがいまいちで背中が痛い

鼻が通り臭いがかげて背中が痛くない。幅が変わっていたのです❕❕

 

本当にそんな事があるのか疑われる方が適切です。

何か質問すると「チャクラが…」とどっかで聞きかじった言葉で誤魔化すか、「千住観音」と逃げられます。

唯、目の前で「なんで、臭いを感じないんだろう?と1週間考えてたら背中が痛くなってきたの。」

色々な匂いを感じる努力をしてきたのに、今一だった。と患者も言う。

院長は感覚野だよなって言いながら、〇〇を始める。(〇〇はどうぞクリニックでご相談下さい。)

*○○は、学会に出すまで表に出してはダメと釘を刺されます。いつですか?と問いかければ、これを出す上でも道のりは遠いよね。一個一個、検証作業を紹介しないといけないから、歯科医人生が終わるまでには、間に合わないかもしれないよね、と寂しそうに返されました。学会は1テーマだから、いきなりここまで表に出せない。そんな意味と私は捉えました。どうなのでしょうか?

私が見て面白いと言うか、不思議と感じた事は1つ。

臭い感覚を取り戻すと、背中の痛みが消える。

背中の痛みが消えていくと臭い感覚が取り戻って行く。

不思議そうな顔をしていたら、院長の一言。

「いろいろ苦労してきたもんね。でも精度と確立は上がった補綴の方が患者の為には良いよね。」

そうなんだ。身体と歯は関連していると言う捉え方で見る時、患者の身体に問いかければ良いのだろう。

もし、シリコンバイトでも、そんな差が出るんだ~。と問いかけられたら、今の私は「そう言わざるを得ない。」と返すしか術はない。

例えば一般的にパラフィンで噛み合わせを取るのが通例。

経費的に考えれば、クリニックサイドはどうしてもパラフィンを選択せざるを得ない。

その中でもシリコンを選択する先生は良心的と言えるだろう。私はそう思います。

でも、院長は「違う視点での捉え方」をしていると言えば良いのかもしれません。

臨床は難しいと心から思います。本当に難しい。この難しさを、一体どれくらいの人がご存じなのか。そして、そこまで追求する必要があるのか…こんな言葉の繰り返しが、時々脳裏を駆け巡ります。ま、独り言と承知ください。

今回はここまで❕❕

そして何故、噛み合わせの幅が変わるのか?

その秘密は…私の知った(理解した内容は)事は次回、改めて別の症例から紹介したく思います。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えているのが分かると励みになります。

   丸幸 礼子

表題の写真。府中のマンホール蓋がちはやふるになっていました!

関連記事

  1. 歯の顔を見て、顔が悪い。この心意気は如何に?

  2. 私達の”生きる道”と”らしく”の薦め(これぐらいしか、できな…

  3. 予防の効果の紹介でーす❕

  4. 「私は、ここまでやりましたから慣れます」と『私は、身体が受け…

  5. 酸蝕症と顎関節症と、今回は歯を触らないで痛みを取ろう作戦。利…

  6. 歯科の場合、認識は身体が覚える感覚を言語化した象徴!こういう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)