歯科の場合、認識は身体が覚える感覚を言語化した象徴!こういう解釈は、どう?

💁🏽‍♀️前回の続きです🎵

あっ🤭申し遅れました💦ナビゲーターの一堂一花です😋

先に院長が「馴染めそうですか❓」という言葉を好んで使うと紹介しました☺️慌てて、院長より補足を受けます🗣

『臨床の恐怖を知ったからだと思う😨そんなすごい事じゃないし、経験が覚えさせたモノでしかないよ😶適応性反射を主体に考えれば、「慣れますよ」で問題はないと思う❗️でも適応性のなんて言うかな…うまくのらない時、それって患者さんにとって悲劇を生む場合がある。それにも拘わらず、歯科医がうまく適応していると解釈して、更に治療を進めた時には…😨』

そうなのだ🕴忘れていた💦この適応性筋反射、患者さん自身がうまく適応する時は心配ない‼️それが、下手な反応をした時は話が変わる🤪(これが実は怖い…)

“ハッ😳”とした感じかしら❓

その意味を(正確に言えば、そんな事があるのか🤔)と知る為に、院長は何かを調べ続けていた。その様に院長の呟きを聞いて苦渋の顔の連続を裏でしていた当時に事が、今更ながらに思い返されます📚(全員の患者で起きていたら、当院は倒産しています。稀に起こす方がいた。その意味を、兎に角、院長は知りたかったのだと、私としては理解しています)

前回の続きより

『もうちょっと右で噛みたい👄』反対側は咬合紙で噛んでいます❗️

『だいぶ✨でもあとちょっと🤏🏽』反対側は噛んでいます❗️

『今まで右は面だった😯左は点だったけれど、やっと面になった☺️』

反対側は噛んでいます❗️

 

『同じくらいになりました😌同じ感覚です🎵』反対側も噛んでいます❗️

水をかけると左上4は沁みません😳

今回のテーマは“認識”でした📝

認識という捉え方を歯科に当てはめると、患者さんにとって大事な事は治療の理解・意味・その必要性。それに対して必要なモノ(補綴物、道具、基準の用意)の提供、併せ治療後の肉体への変化を一緒に(歯科医と私ら衛生士)と確認していく、とでも言えばいいのでしょうか😶❓

そんな事を求め生き物である人間は時に患者さんになり、私達の前に登場する🧑🏻

その成果は感覚という表現で患者さんは認識した何かを、言語に変換して私達に伝える🗣📯

但し、この認識のルーツは🛤経験でも理性でも観念でもなく、単純な感覚から来る事の方が多い‼️

ジャンルで言えば『原始から私達生き物🦧である人間が持っている産まれながらに備わっている本能の方に近い存在が、感覚を認識し言語化して何かを伝える』こんな所ではないかと、私は思っている🤓

その人(患者さん自身)に所属する感覚に寄り添おうとする場合、もしかしたら

「慣れますよ❗️」ではなくて『馴染めそうですか❓』

こんな具合に言葉が変わっていく事も自然の流れなのではないでしょうか💁🏽‍♀️❓

そんな事を”ふと”思います。

文学的になりました👩🏼‍🏫これが院長の補足の意味合いなのかなっと“ハッ😳”とした時、私の脳裏🧠に色々な像🗿0が駆け巡り、こんな表現に収めてみました😲

まっ、そんな私にとっては面白い感覚を覚えた話の紹介でした😜

読んで頂き有難う御座いました🥺またお👀にかかりましょう🧚🏼‍♀️

関連記事

  1. 歯石のお話。身体と関係ないという事が無理だと思うお話。

  2. 予防の効果の紹介でーす❕

  3. 予防で使う器具の一つを紹介しまーす❕

  4. 酸蝕症と予防と、あれこれこすが歯科で取り組んだ一風景のお話!…

  5. 私達の”生きる道”と”らしく”の薦め(これぐらいしか、できな…

  6. 「私は、ここまでやりましたから慣れます」と『私は、身体が受け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)