彼は【でくの坊】か【寂しん坊】か【聞かん坊】か。でも、歯医者の仕事の紹介の巻き

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

”虫歯が大きく、そして進行度が深くなると、神経の治療に移行する。”

そんな風に捉えられていませんか?教科書的にはこれが正解です。

例えば、歯の治療が今ほど進んでいなかった当時、歯科医の仕事は歯にトラブルがあれば治療法は歯を抜く事でした。

アメリカの大統領が2期制になったのは(唯一の例外は、戦時下のルーズベルト大統領)初代ワシントン大統領が、その始まりでした。初代アメリカの大統領ジョージ・ワシントンが3期目はもう務めないと言う逸話より、2期という制度が始まったそーです。

ご興味がある方はクリニックで院長に聞いてみてください。

本当かわかりませんが、ワシントン大統領。歯が痛くなると、毎回、歯を抜かれ、2期目の途中には歯全て失い、人前に出るのが嫌になった。これが、3期目を遠慮した動機になったそうです。

それでですね。

もし、読み手のあなたが、歯医者の仕事は歯を抜く事だけと思われていたら、ワシントン大統領の時代とは違います。

新しい技術と共に治療の表現も変わって行きます。この事を紹介したい。

詰め物がかけました。と患者さん。これは黒いですね。。

詰め物外したら、やっぱり真っ黒。。。出来れば神経残したいと願う患者。保存が出来るか、試みを行います。

むし歯を取って行ったら、神経に近くなってしまったがなんとか残せるか出来る事をしてみよう。ラバーダムで防湿と、感染予防に努めています。

まずMTA

それからベースセメント。深いので、刺激を避ける手法を第1と作戦として選択します。現在の、考え方では、始めからCRで問題はないとされています。詳細は、専門的に紹介されている先生がおられると思うので、お任せしたく思います。

最後はCR。これにて、。裏装。全周に渡る虫歯の為、このような形成を選択。形成が完成する前。

むし歯が深くても、神経を保存できる場合もあります。

院長曰く。これってすごいよな!

材料や器具をクリニックが持っている・持っていないだけで方法も予後で追うべき物も変わるすごいよな。

確かにと、納得し考える丸幸でした。

医療機関がどう考え、拘るかで、設備にせよ、治療体系も変わる。(場合もあるが、適切な表現です)

で、結果。更に加筆すると、どこでも同じだと思う意識ですら、この事実を前では、思いこみになる可能性すらある。

じゃあ、どうすれば…。と独り呟いていると優しい横やりが。

「だから、情報を発信し、それを読み手がどう判断するか。そういうものと割り切る以外ないんじゃないんですかね…

私も院長の受け売りでしか過ぎませんが…。」

一堂の言葉でした。この人も変わりました。(感謝しています、一堂さん。ありがとう。)

一時は医療者がブログを発信するなんて・・・。偉大なる反対派でした。

そんな保守的な所があった。そして、ある風景が頭をよぎります。色々な角度で私達は、口説かれたのです。

院長の強引な言葉が、全てでした。(折れるまで、色々と仕掛けられました。また思い出したら紹介するかも…です)

「選ばれる時代とか、選んで頂く時代なら、オレらの出来る事って、あるがままの姿をさらけ出す以外ないじゃん。怖いで。ちょっとでも気に障ったら、ボロッカスに言われる。

ボロッカスに言われる事、それ自体人生終わる位のリスクよ。だけど、同じボロッカスなら、ここの特徴を曝け出して終わろうじゃん」

意味分からん。ハイ(終わったら、私らの生活の糧がなくなっちゃうよ。院長のバカ…)

「俺、友達いないんだ。だから社会と繋がりたいじゃん。」

ますます意味不明。ハイ(友達は自分で作ろうよ。違うよ院長…)

「社会と関わりたいんダホ。」

何がダホ?ハイ(社会との関りは、自らの行動。⁉これじゃあ、でくの坊だよ~。しっかりして、院長)

「ここにあるダホとアピールしたいんダホ。」

ダホダホ、この強引な意味不明なダホ演説と展開を私達は受け入れた。(まさか、本当にHpを開設するなど考えてもいなかった。この人、変!)(この人、⁉寂しがり屋?悲しいよ、院長)

一堂さん曰く

「結局、社会への発信もアピールも私達がやって、院長相変わらず友達いないままですよね。」

そうなんです。そもそも、ここを確認する時の反論が反論になっていない。

俺は、でくの坊でも、寂しん坊でもない。ただの聞かん坊なんだ!
*友達の話はどこに行ったのか、未だこの言葉の消息は不明です。

仕方ないので、院長、それ違う。歯科医でしょ。歯科医として発信する気は無いのでしょうか…

こんな感じに追求すると《千住観音!!》と逃げられる。

オチない所でおしまいにします。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えているのが分かると励みになります。

丸幸 礼子

♢今回紹介したテクニックは、MTA/レーザー治療の応用です。

♢これは保険適用外の治療です。

♢今回の症例は1回で終わり、神経の治療は行わないで済みました。

♢どれが優れているか比較させたい意思がある訳ではありません。

♢症例や症状によっては、神経の治療を選択した方が、予後が有利に働く場合もあります。

♢実際の臨床より、歯科医のライセンスに責務の元、判別しているとご理解下さい。

♢あくまでも、方法の紹介を目的としているに過ぎません。

 

関連記事

  1. 『こすが歯科の階段工事』が終わったという報告と、おまけを含め…

  2. 神経の治療のお話-たまには専門性を表に紹介してみたいー大丈夫…

  3. 伏線の答えは、ファイトです❕❕

  4. アンテリアル ガイダンス(平たく言えば上下前歯の位置関係)を…

  5. こすが歯科の顔触れと、ある時期のお話。(昔話です)

  6. ええい、自己紹介❕❕今のこすが歯…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)