『検査と話しあい』と、話し合いってなーに?

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

もう少し前回の話の続きをしたく思います。

良く”患者さんと話し合いの元で決めています”と、一見すると至極当たり前に感じる表現を目にする事があります。

もしかしたら、市民権を得たかもしれない表現なのでしょう。でも、どうやら、うちの先生はあまり好ましく思っていないようです。問いかけても興味がないのか答えてくれません。機会があり、何気にふとした拍子に聞き出せました。

『主訴を持ってくる患者に、改めて話し合いで決めるって、そんな表現。日本語的におかしくない?』

情報の共有とか、治療の開放に向けた情報の共有を目的とする場を設ける。これはきっと、素敵とか大切な事とかなのでしょう。

『その場を持つ事を表現するなら、カウンセリングとか打ち合わせが自然だと思う・・・』そんな事を呟きました。

先の患者さんです。

「難しい事は分かりません。私はただ治りたいだけです。1日も早く食事がしたい!それだけです。」

この確認作業を話し合い場と表現するなら、この場は検査含め6回設けた事になるのでしょう。

*実際は根っこの治療にも入っております。計画は別として指針が2回目で固まったおかげです。

根の治療しながら検査、データを集めました。表現する事は難しいです。

院長の言葉です。

『よし、早速始めましょう!すべき事を承知しました。』

拡大鏡(精度を上げたいので)

根の治療道具一式(実際の現場では準備が結構大変です。)

こんな作業も臨床にはあるようです。

主訴の明瞭化という確認作業において、話し合いだけで纏まる。こんなケースが毎回あるとは限らない。

専門家らしく問題(課題)を把握し、何を持ってその訴えが構成されているのか。

これを、疎かにしてはいけないと、私どもは考えます。

問題(課題)を曝け出し、その情報を提供し、その後一緒に考えたい。

・『患者の主訴を追え』と話し合いは違います。

・あなたのお話を伺う事は当然です。それを話し合いとは私達は捉えません。

・患者と医療者の人としての関係は大切。

少し、分不相応な勢いで描いてしまったようです。(落ち着け、冷静に戻らなきゃ。あたし(-_-;))

そんなクリニックで体験した経験の一部の紹介でした。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えているのが分かると励みになります。

   丸幸 礼子

関連記事

  1. 咬合命♪そんなに張り切らなくても…

  2. 話し合いとは、問屋が卸さないようで。

  3. 説明の難しさ

  4. 噛み合わせは冷や汗のもと

  5. レーザー治療/分かりやすい例

  6. おしまいは、次の始まりなのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)