”新人、反省は切腹で、誠意を示す⁉”の巻

「超音波~~」と唐突に文字を羅列してみました。ナビゲーターの丸幸 礼子です。

と、ここでローチよりダメ出しがきました。

「しつこい、笑えない。」

やっぱり、4回目は認められないか...残念。

だって、デジタル化のネタ、頭絞るの相当疲れたんだもの。”もう、私しゃ、疲れたよ院長。”と思いつつも、私の気持ちなどお構いなしに、院長は言葉が続く。

「デジタル化の取り組みをしっかり紹介します。これを紹介したいのです。これは、どこへ行った…?」

そう、高校の時代の古文の皆川先生みたいな口調で問いかけてきました。

「古文をしっかり勉強したい。その言葉はどこ行った。」

そんな不思議な思い出が重なる。

まるで、高校時代に戻ったように

「えっ。。。」

私は困り,そして言葉に詰まった。

「ところでさ、新人君、椅子をどうしても用意してくれないのだけれど、どうすれば良いと思う。」

起死回生の

「キターーー!」

名俳優、織田裕〇バリに

「キターーーーーー!」

と言う感情が私の中を走る。

これで話を変えられる。

要点はこうだ。

*チェアサイドに行くと椅子が用意されていない。

*ユニットをご丁寧に倒しているから、椅子がどうにもならない。

*新人は完璧と言う顔をしている。

*どうすれば良いと思う?

ユニットを奥ではなく、手前に用意をして欲しい。しかし、新人は…

探偵、丸幸の出番だ!

練習にかこつけて、新人に話を聞いた。

「ワシの住んでいた文化では、上座は奥にあり、入り口は下座になる。」

(・_・D フムフム

「院長に失礼がないよう、ワシが配慮した結果、

椅子を上座に用意しておるのじゃ。」

(・_・D フムフム

「彼奴は人の親切心を無視しおって、

毎日ワシの顔に泥を塗る。」

泥を塗る?

「そうじゃ、ワシは院長の為に上座に椅子を用意しているにもかかわらず、

院長は毎度下座に椅子をわざわざ動かすのじゃ。

彼奴はワシの礼儀に対し、いつも無礼で返しおる。」

日本家屋と、診療室をごっちゃにしている。

上座・下座を弁える事、これ、日本文化の大事なところ。

「はらたま、きよたま、彼奴は穢れの意味を分かっておらん。

いつになったら気が付くのじゃ。

さてどうしたものか。

そこで私は考えた。

歯科に西洋医学≠日本家屋は通用しない

これを意識づけよう

新人、西洋医学では患者の頭から見て

右が上座で、左が下座なんだよ。

「なぬ、そうだったのか。

院長をうつけ者と思っていたが、

ワシがうつけ者ではないか。

なんとご無礼ご無体をワシがしていた事か。

院長に謝りに行かねばならぬ。」

練習もさておき、院長に謝りに行く新人

一人残される私。

そして声が聞こえる。

「許してくれ。

ワシがとんだ勘違いで主に失礼をしておった。

もう上座・下座を間違えない。」

なに?何が起きたの?

「こうなったからには、腹を切って××」

慌てて止める私。

ちょっと薬が効きすぎたか...

こうして

「超音波~~」から始まった物語は終わった。

あーあ、疲れたよ、私は。

次からは真剣にデジタル化を紹介したく思った、丸幸でした。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

 

おまけ

超音波ー

いつか、このネタでまとめてやるのだから

ローチ、挑戦じゃ

Special Thanks  一堂 一花・Ichika Ichido

今日も、マイペースだもん!

関連記事

  1. “ポパイはホウレンソウでパワーアップ。じゃあ、私…

  2. ”歯科には石膏トラップ”という奴がいる。イケメン院長(?)と…

  3. ”道半ばと気が付いた院長と、私の思う主張”そんな紹介

  4. ”私の仕事への意識履歴⁉と、大そうな題目。でも…

  5. 一斉にデジタル化!それは、何処に向かうの?一斉に向かう場所は…

  6. ”虫歯の治療と、掘っ建て小屋?どうにもつながらない話”編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)