”道半ばと気が付いた院長と、私の思う主張”そんな紹介

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

この頃の雑感でしかありません。

3密と言うのは、流行り病の防御にとっては大事な3種のそう、神器みたいと思っています。

院長がどこから取り入れて来るのか分かりませんが、感染者数じゃなくて、発症者の方が意味が重いと常々言います。

私など小心者の曲に、ドイツでは1月当たり160万円、日本は1日当たり1津6万円と言う給付事実すら知りませんでした。

ジャーナリストの方のブログでは、1津を1月あたり6万と私から見れば、シレーッとTwitter。

批判が起こると、打ち間違えました。と再びシレーッ。

もし、これを私達の仕事に置き換えて、削る歯をシレーッと間違えたら、シレーッで済まされない。この人のお陰で、私の中での評価は単純化されます。ジャーナリストって報道じゃなくて、只たれ流せば良いのねって決めつけが起きました。

読み手の方もいろいろあるでしょう。

でも、この人のようにジャーナリズムって大上段に構えながら嘘を出すより、やって欲しい事があります。

1)このワクチンを開発する過程の事実

2)このワクチンでどのような試験が行われたのかの事実

3)よその国でどのような改善があったのかの事実

日本より先にワクチンを行っている国は出てきていると思います。その紹介を、是非して頂きたい。

4)ワクチン反対派とワクチン肯定派の考え方の紹介

唯、反対派も肯定派どちらも同じ土俵の方にして欲しい。例えば医者のライセンスを持っている実業家と社会派の学者といった組み合わせや、ご意見番の方ではなく、いずれも感染症を専門にしている方同士とか経済に精通している方同士とか。そんな組み合わせにして頂き、私達がフィルターを通して不適切な判別をしないよう工夫をして欲しい。

5)1~4の確認する事で、私達1人1人が判断できるような内容の整理を測って欲しい。謀るのではなく、測って欲しく思うのです。あまりにこの頃は、謀る方向に力を入れているように感じられます。

シレーッと文字を間違えてしまいました。そんな謀り事しか出来ない方は向うに、心あるジャーナリストによる、報道を期待したく思います。

でないと、本当は必要な仕事なのに、誰からも信用されない仕事になる気がします。

さて、当院の話です。

デジタル化はまだまだ道半ばです。インフラもまだ足りなかったか。。。と院長は国の求める管理体制を改めて気が付いたのか。少々、頭を抱え気味です。

セキュリティーの一環と言えば良いのでしょうか?wallの役目を期待するワール。院長にこの役割を聞いても、本人は一杯一杯なのか、ダジャレで返される始末です。

彼は通院したくないけれど、(これは真理)必要とされる仕事であるには、信用は守る努力は怠れないな。。。

*ネットを介し、個人情報を抜かれる事は許されない。ここが、相当に苦しんでいる所みたいです。どうして良いか分からないでワール。一人呟き、一人で受ける寂しい院長さんでした。院長、ご苦労さん。(デジタル化は、本当に個人経営といえ、とてつもないインフラ準備を用意させると、思います。)

眉を顰めながらも、彼は呟きます。さて、まだ続くのか。。。本当に道半ばと思います。

よそも大変なんだろうな。。。。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

 

関連記事

  1. ”「ホウ・レン・ソウ」に憧れる、前に進んだら戻る事を知らない…

  2. ”虫歯の治療と、掘っ建て小屋?どうにもつながらない話”編

  3. ”リアルは何時かやってくる⁉知らない顔で済ます…

  4. ”歯科には石膏トラップ”という奴がいる。イケメン院長(?)と…

  5. ”デジタル化で、一体何を目指すの?そして、私達は、何をするの…

  6. ”スーパーボールと傾く廊下。これは、私の住んでいる家の話では…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)