院内カンファレンスって?

『院内カンファレンスをやるぞ!!』

 

って言う掛け声が出たものの。。。

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

これを具現化するには更なる分業と言うべきか…、新たな分担が要求される事を意味します。そして、同時に、効率性も求められる。これは、院長との付き合いから、指示が来るだろうと予測していました。(汗)

だから、頭が痛い私でもあります。

というのも・・・。

①患者進行表なるものが必要でしょう。

②患者の計画表なるものが必要でしょう。

③その管理表なるものが必要になるでしょう。

これが私達の仕事として、これを具現化するには、ドクターからの情報提供が必要になります。

ドクターサイドよりの

1⃣病態把握

2⃣治療の位置付け

3⃣治療目標

具現化する為、ミィティングが始まります。

上記に記載した等の情報が、ドクター陣から、提供されないと話が進まない。

あれ?待てよ…(と、考えつつ気が付く私でもありました)

院長一人でこれら情報を、一人で纏め、私達に指示をしていたのか。彼の頭の中で、全てを、今まで支えて来たのかと。

そんな事を、ミーティングの際、彼の発す言葉から、受け止めるようになります。色々な事象等の意味合い・解説/更には、その解決の為の指示を確認しながら、改めて知ります。彼の考え方を受け止めながら、同時に、私の中に感情も芽生えます。擬音で表すと下記の通りになります。

”ガビーン~!!”

もとい

”ガツーン!!”

と後頭部を、あたかも殴られたような衝撃を覚えました。そして、気が付きます。列記した項目を一、括管理する人間も必要となる。この事を、改めて理解します。

これは、多分、ゴンザレス…が担当。

でも、それには彼女の成長を待たないと行けない。やる気や、根性の世界とは、また違う。でも、めげずに感謝の声を素直に表現できる人柄、ここに私は何か安心を覚える。

一堂と言えば、トライ&エラーと言う作業は、人間性格が悪くなる気がして…と、純粋性に華を見る性格。ここの修正も必要だから、一足飛びには、中々進まないと不安を覚える。でも、必要な事は、多分、これ!(下段に紹介)

スピード感と合理性。

この意味合いに関し、出来上がったもの以外、中々受け入れないタイプでは、このスピード感と合理性の構築は苦しいし、埒が明かないかもしれない。

一時、ぶつぶつ言いながら考えている院長の姿を何気に撮っていました。彼は、こんな事を考えていたのだろうか…、と、推察した私でした。

そして、時が経ち、彼は唐突に、下で紹介するように手をかざした。

一方向に、皆が向かうってこんな感じにならないと難しいのだろうね。と、院長。私。先生は、実際はどんな感じが好きなんですか?って、問いかけてみると、この方が面白くない?って、オチャラケをする院長。直ぐに真顔になって、でも、それは難しいよねって、返されました。

院長が言うには”まずは方向を一致させる事が、大事だと思う。”私は、思う。「これって、う~ん(´ε`;)」それも構わず、彼は語る。”患者・危機感。これを、中心に置いてみたらどうだろう。ふわ~っという単位でなく、しっかりと~いうケジメ感が生れないだろうか。上手く言えないけれど…そこから、何かが生まれてくるんじゃないかな?”

ようやく意見が纏まる?と紹介すればいいのだろうか。いや、むしろ、纏まるというより確認が終わった。

院長はそれ以外の言葉は発しなかった。

私は思う。

多分、風林火山と言う言葉が象徴ではないが、私達への意思確認後、ふと気が付くと何かが動き始めている。あるいは、動き出した事を、私達は気が付く。院長の独特の感性的な進め方と言えば良いのか、私達のまだ幼さに対して、院長が用意した手法なのか。T美先生に言わせると『先を読む力は、院長は秀でた物がある。』そうです。『だから、安心して付き合ってごらん。』と言われています。無我夢中に付いて行くので一杯で、実際の所、追い付く事にいつも苦労します。

デジタル化の時代だし、こんなので、管理を始めないか?だそーです。出来るのかな?私達…

だから、今回に関して。先ずは、何かが始まると覚悟したい。

そういえば、もう年の瀬です。

今回はここまでとします。

来年に向けて私も何か考えよう!

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

 

 

関連記事

  1. 「奴は策士か、それとも奴の行動と結果は偶然か」という話

  2. 結構、私達やるじゃん~、っと思った話。

  3. お手紙を介して、勇気を貰う事もある❓'…

  4.  ”Merry Christmas!🎄” 

  5. 歯科は自費っていうイメージは、真実?(ほんとう)っていう話。…

  6. 寅年を迎えて。一堂流、まったりしたご挨拶。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)