まだまだ、成長を求められる?出来るのかなって、いう不安と、覚悟を紹介します。

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

お正月気分も卒業しないといけない時期ですね。

七草粥を食べて、身体を日常に戻そうと思っても、人の心は中々、まったりした正月を忘れる事は出来ません。

唯、日常にしっかりと戻り、進みたく思います。

前回の続きから(4回アドレス5回アドレス

医療制度の建付けも少し(もしかしたら相当に)変わるようです。

治療法にも色々とあります。「何故、色々と、手を付けたのだろうね?」と、初診時の院長。「チャレンジをしたかったのかな? 」「オーラルリハビリテーションにチャレンジするなら、もう少し勉強しないと厳しいよな…」と、院長。

「オーラルリハビリテーションを目指すなら、もっと、主訴を明瞭化し、共有をしないと、患者は迷子にされちゃうぜ。」技術的にも難があったのでしょうか?処理されていた歯の仮歯を外して、形成されている状況を見て、ひたすら口腔内写真を撮りました。紹介する事に関しては、許可が下りませんでした。「技量に対し、恥ずかしくない能力を持つ必要はあるけれど、知らない所で、相手を辱める事は、不要だと思う。」、との事でした。「俺も、そんな時期はあったしね。しかし、治療コンセプトが今一、はっきりしないよな。どうして良いのか、まだ、途上の先生なのかもね…」そんな事を、院長は呟いていました。

話を本題に戻します。医療制度の建付けの話でした。当院もそれに合わせ、使い古された表現かもしれませんが、改善と改革を推し進めるなければなりません。staff勉強会/Dr.勉強会以外に新たに6項目の業事を定期的に行う事としました。(具現化と定期的に、行えるよう、現在、準備中です。)

その目的は、安全に・確実に・そして精度を高くになります。これを、目指す事。ここに、行動を選んだ動機があります。

オーラルリハビリテーション中の一風景。

具体的には、今回は紹介を行えません。(まだ、準備中ですので)

機会があれば、紹介したく思います。(報告という位置づけですね)

向かって左側。奥から3番目の歯。初診の口腔内写真と、最終の今回。自然観は、どちらの方があると思いますか?歯の形まで拘る事。こんな所が、オーラルリハビリテーションには、必要みたいです。衛生士の理解ですが…*治療は、もう少し続きます。

唯、国の求める医療水準の向上化に関して

院長ではありませんが、

本気?っと捉える事が出来る側面もあります。*詳細は、割愛しますが、開業医にも大学病院の水準を求め始めたと言えば良いでしょうか?大組織ならではの建付けを、個人規模にも求めるといった表現を用いればイメージが出来るでしょうか?

とは言え、そこを国が目指すと決めた以上、私達も、それを目指さざるを得ません。(具体的に紹介出来る際、”それ”といった具合に抽象的に紹介した内容を報告したく思います。宜しく承知ください)

明るく立ち向かいたく思います。

どうぞ、本年もよろしくお願い申し上げます。

T美先生と、おちゃらけポーズ。仕事は、真面目に取り組んでいますが、たまには息抜きをしないと…ね!

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

 

ご連絡

T美先生のお力を借りて、私達は成長と言う変化が起こりました。

そんなT美先生のお力を借りたい方は

ここをクリック⇒一般社団法人 日本ワーク&ライフエンゲイジメイト協会

関連記事

  1. 院内カンファレンスって?

  2. 「身体において、口が原因でおかしくなる事があるのかもしれない…

  3. 「こすが歯科は、お休みで。もうすぐ行く年に、残した会話の紹介…

  4. クリスマスは、もうすぐ。”苦シマスでなく、来年は楽シマス”に…

  5. 『ンな、事ない!』という主張

  6. こすが歯科の日常が戻ります。そして、一年の計は…、私の計は内…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)