時は、4年前。ドラマっポイ出だしから、泥臭い話。

ナビゲーターの丸幸礼子です。

ちょっと思考を変えて、クリニックの報告をさせていただきます。

流行り病が数え方によりますが、中国の武漢で発生したのが4年前。

翌年の夏、日本ではダイヤモンドプリンセス号が、私の中では大まかなパンデミックの開始と思っています。

この4年前、院長は相当に焦っていました。

何を焦っているのか当時はわかりませんでした。

唯、4年前院長のあきらめ顔で、滅菌システムの変更に入る事を私達に宣言します。

4年前の春頃です。

5年前の冬から滅菌器のカタログを見たり、ため息をついたりと、一人で何か悩んでいると思いつつも私達は静観していました。

そして、冬を挟んで、春に宣言します。

classBにて、国が求める歯科器材への

完全滅菌体制の構築が入ります。

占めて、165万円。

ため息交じりに、ローンを組んでいました。

唯、院長の愚痴には参りました。

ヨーロッパは、移民を受け入れまくった結果、そこに新しい風土病が派生する。それに対する感染対策に迫られ、

classBと言う新基準を作る。

アメリカのエイズになった歯科医か、患者に自分の体液を針に付け、器具に付け、自院の患者にエイズを広める。

道徳観の欠如からclassBと安全対策・劇薬基準が厳正化される事になる。

例えを出すなら、使用状況のデジタル管理あるいは、O.A.化を行い最低プリントアウトにての記録管理。

OECDとWHOは、滅菌基準を引き上げを先進国に求める。

日本もその中の一つ。

世界の皆様、日本も合わせましょう。

これは仕方ないとして、世界の潮流に合わさざるを得なくなります。

院長の毒は仕方ないと受け入れるとして、これって公衆衛生の問題と道徳と倫理の問題では?

と、私もいつか感じるようになります。

彼の寂しい怒りの理由が見えた気がします。

移民を受け入れる事は良いことだ。

国際化は 良いことだ

困っている人を助ける事は良いことだ。

と、ある目的の為に活動している方々が居られるようですが、

その結果生じる費用って...。誰か教えて下さい。

仮に、ヨーロッパが積極的に移民を受け入れていなかったら、

アメリカが道徳と倫理をしっかりと持つ状態に出来ていたら...。

もしかしたら、当院の165万円は、発生していなかったのかもしれません。

メディアの人って、裏表を調べる能力、実は相当にダメになっている事はないか、心配になります。

時にモリ・カケでメディアさんと野党さんが頑張っている頃の事でした。

その裏では、院長は一人165万円で葛藤していました。

俺らの仕事(医療)インフラだからな...。

国の決めようとするルール。

5年・10年で作る以外あるまいが...。

デジタル化のハードㇽをようやく一通り(80%強)揃えた頃の彼のセリフでした。

また何かを紹介します。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

関連記事

  1. 《医療を守るか、生活を守るか?》どちらかを選べ。明日を信じる…

  2. 標準医療と言う言葉が欲しいのではない。安全が担保されればよい…

  3. 男は黙って、寡黙ぐらいがちょうど良い。院長、あんたじゃないよ…

  4. 滅菌部門を任されたの!私、姪っ子の前では『偉くなったんだから…

  5. 私は、働く人。

  6. 牛タンを喰うぞ(張り切っています)多分(棒)。そんな心意気の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)