”赤巻紙・青巻紙・黄巻紙。早口言葉も、たまには良いもんだと、ムキ~な私”編

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です😋🍦

たまに、本当にたまにこんな事を聞かれる事があります👂🏼

本当にたまにです😛

いえ、稀と言った方がいいかも知れない🤭

 

「先生の所は噛み合わせを大事にしているそうですが、本当ですか❓」

そう問いかけられる時、実は私は困る事が多い😨

何故だろう❓と考えた時、明確に答えられない自分のせいかと思う事にしているのですが、実に妙にしっくりこない🙃

院長にその事を相談すると決まって《当たり前の事を大事にしていますか》と聞かれて「違いますと答える馬鹿がいるか」と返される😕

🔸クリニックは噛み合わせを確かに大事にしている

🔹でも噛み合わせの治療とは、あまり表現していない

🔸咬合の治療と言っている

🔹院長は咬合治療の患者さんには、これから噛み合わせを合わせますからねという表現を用いている

違和感を覚えるなぁと考えていたら、私に声をかけてくる🗣

「赤巻紙青巻紙黄巻紙という早口言葉を知っているか❓」

早流行病の時、アナウンサー達が秒数を競っていた🐎🐎🐎

だから、なんとなく知っている。人の気などお構いなく、言ってみなさいと、人の心の平穏を乱すか如く煽ってくる🔥

ムキになって挑戦すると………

噛みまくりです😂はい、私アナウンサーじゃないし、噛みまくります💦

その噛みぶりを見て笑っています🥴

言い返してやろうと頭をひねっていると語りかけてきます📣

笑いながら

「大学でさ、実習でさ、補綴物入れるじゃん❓当然、左右が当たっているか確認するのは当たり前さ😏これを大事にしていると答えるだろうよ。でも、当たり前の事だろ🕴」と言い終えるやいなや立ち去っていきます🚶‍♂️

(なんだ、この人🤭デリカシーの欠片もないじゃないか…😕)と感想を覚える🗣

間もなく“あっ❗️”永遠の18歳🍑感性が若いから気が付きます🗯

私、何を特別な事として、考えていたんだろう❓

歯科医が噛み合わせを大事にするのは当たり前だ👄

当たり前の事だから、私は『勿論、噛み合わせ大事にしています』と返えせば、それで良いと合点が行きます。それが、自然ですし、畏怖堂々と返す(嫌味とか、気取るような物ではなく)。この方が格好いいじゃないか、そんな風に思ったのです😌

 

私達は、患者の要求に対し、可能かどうかを判別しながら治療計画を組む場合があります。上顎のアーチの変化が演出されている事を確認して頂ければと思います。治療した部位は、右側(写真では、向って左側のみ)臼歯部のみ計4本。既往歴として治療を行っていた補綴部位と、前医による仮歯。この4本を変える事で起きた(処置後の)模型上で確認できる変化を紹介します。あくまでも比較程度に留められてください。(学会用ではないので、規格撮影を行っている訳ではありません。)

 

歯牙の大きさの比較が一番のポイント。前医の治療設計は、ブリッジでした。ここに、何か口を挟みたい訳ではありません。唯、ロングスパーンブリッジは、長期予後に関し、以下の見解が渡されています。1984年シカゴウィンターミィティングにて、ロングスパーンブリッジは、長期予後に関し甚だ疑問である。従い、控えるべきであり、義歯かインプラント対応が良いとされました。当院は、その見識に基づき、入れ歯を採用する事としました。そのお陰で、左右の歯牙の大きさの無理が解放される結果となります。*入れ歯のデザインは、内緒という事で(院長からのお願いされました)

むしろ、大事な事は、咬合の条件を合わせて(揃えて)から噛み合わせを診るか、咬合条件などお構いなく噛み合わせを診るのか🤔

この違いだ‼️‼️この差が、実はとても大きい。この事を、どう伝えられるかだと思い直します。

今度は私が一人笑い出す😂😂😂

そして、思わず「赤巻紙青巻紙黄巻紙」に挑戦💪🏽😏

やはり舌を噛んだ😂‼️

思う事は、ムキッーーーー👤(舌の馬鹿!)

今は、まぁ、仕方ない❗️噛んだ舌が妙に愛おしい❗️

そうか

『先生の所は(同じ)』に対してはにっこりと

「当たり前の事です❗️むしろ、良く噛める条件を整える👄

これを大事にしています😏」

こう答えれば良いと、気取る事を止めたせいか、穏やかな気持ちで気がついた次第です🥺

言葉は本当に難しい😶ちょっとだけ賢しこくなった一堂でした🤏🏽

読んで下さりオーレイ(御礼)🕺🏽

また読んで下さいね🗒またお👀にかかりましょう😛

 

 

関連記事

  1. 探索”こすが歯科”、転がっている模型には歴史があった!? 

  2. クリニックの事と、一時であれ思い耽った事。そんな話です。

  3. 人が変わるのに偶然という事があるのだろうか?そんな話…

  4. ”腕が上がらないは、私達の仕事ではない。噛むと腕が痛くなり、…

  5. 新人研修という機会が渡されます。そんなクリニックの一面があり…

  6. 歯茎が腫れる”これは炎症反応の一環。”で、そこにいる「ばい菌…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)