”腕が上がらないは、私達の仕事ではない。噛むと腕が痛くなり、腕が上がらないは、私達の仕事⁉”編

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です😌

そう言えば、この方。腕が上がらない患者さんの紹介から、紹介された腕が上がらない患者さんになります🤗10数年、患っていたらしい。40肩という奴ですね。今風に言えば、肩関節炎とでも言うのでしょうか?(それは、整形の先生方にお任せするとして)😨

左右の臼歯部の歯牙の大きさが違う事。ここを私達は、まず着目をしました。シュミレーションを行います。その結果、歯牙の大きさが揃う方が噛み心地が良いと、患者と医療者側が共有をします。ここから、治療を組み立てる事となります。

これであとは型を取れば本歯という前医の言葉に対し一抹の不安を覚え当院に来られた🚶🏼‍♀️

平面の乱れ。臨床でこういった現症を観察する際、私は、歯牙の大きさやデザインに無理が生じている場合が多いように感じています。あるいは、無理を承知で噛ませようとする場合に、このような課題が現れるように、私は感じています。誤解なき様、お願いしたい事は歯科医の先生を非難したい訳ではない事です。一生懸命お考えになられ、患者の為に汗を間違いなくかかれて居られる筈です。その尽力を批判するなど、それは違うと思っています。さて、院長に確認すると、ブリッジのデザインにおいて、長期持たせようとする場合、ダミーの歯牙は最初から小さくするのもセオリーと教えて貰います。そうなると、無理が無理を呼ばないのかしら?そんな事を想像する事もあります。保険という制度が、そう言う性格もある事も事実です。だから、忘れてはいけない事もあると、私は自分の中で戒めています。とても大事な事なのでしょうが、それは、個人ブログの性格もあります。詳細はクリニックで相談いただければと思います。

噛み合わせを大事にされている歯科クリニックの処置だそうです。そして、この仮歯を元に(下の臼歯部)、次回、最終補綴と言われたそうです🗣

でも、うまく噛めない(というのが、患者の相談事の一つ)😨

噛むと更に腕が痛くなって、腕が上がらなくなる(言い得て妙な表現です。噛むと逆に、腕が痛くなって、始末が悪い。そんな紹介で如何でしょうか?)こんな事があるのでしょうか?これが、相談事の二つ目🦾💥

(本当に、これで、大丈夫なのでしょうか😥

私の幼い記憶によると、こんな展開だった気がします🎞今は自然の笑顔を見せてくれるし、終わるたびに笑って帰られる気がするのだけど、当初は一言で言うと深刻•切実•緊急‼️どの言葉も当てはまる⚖️

院長はボソッと「咬合平面がグタグタだよな…。」と呟いていた。その事を、私は知っている🕺🏽

この光景は、今はあまり見かけなくなります。分析方法を、院長自身が変えた事もあります。一時期はもっと、ひどかった。床に寝転がり、模型をひたすら見たり。腰を曲げて、股の間から模型を見たり。曲芸師になりたいのかと、こちらが訊ねたくなる変態チックな姿勢で模型を観察していた。

でも、何を悩まれていたのかは知らない😐

でも、ある時期を境に、【腕が上がれば…】から【腕が仕事に支障ないぐらい…】に、その要求が変わった。この要求の変化があった事も、私は知っている🤭

歯牙の大きさを整え、咬合平面の上下歯牙間のルールを整えた結果、観察される平面像。この方が、噛める気がしませんか?入れ歯のデザインは内緒という事で。それぞれのクリニックが大事にしているデザインとでも、受け止められてください。宜しくお願いします。

私の中で一つ疑問が生じる🕵🏼‍♀️噛み合わせを大事にしていると謳うクリニックとは、一体何なのだろう🤔むしろ、噛み合わせの邪魔する問題(因子)を見つける。この問題解決を大事にしましょう。このように、問題や課題を治療方針に組み入れる事、この方が、大切なのでは❓と、こんな経験をすると、思えて来ます🙃

だから院長は“教科書通り📓”と表現する事を好むのだろう(と、この頃は思うようなって来ている)😏

彼は「左右のシンメトリー性を合わせる事は教科書に書いてあるし、その通り行えば良いだけだと思うのよ😎」

 

臼歯部の左右の歯牙の大きさを比較されてください。入れ歯のデザインは、内緒です。

臼歯部の左右の歯牙の大きさを比較されてください。後ろに手を回す際、腰より上に上がる様になっていました(腰下で留まっていました)💪🏽

一時”院長自身も噛み合わせ咬合”これら言葉が持ち合わせる意味合いというか、音の響きから患者がイメージする膨らみまでを、相当に悩んでいたそうです😐そして、私から見ると、いつしか吹っ切った様に思えるのです🌬今回はここまで🐷

読んで下さりオーレイ(御礼)🤹🏽‍♀️またお👀にかかりましょう🎢

関連記事

  1. 私は働きたかった、衛生士でありたかった、素直な気持ちで働ける…

  2. クリニックの拘り。今回は、在庫スペースを作ろうと汗をかきまし…

  3. ”赤巻紙・青巻紙・黄巻紙。早口言葉も、たまには良いもんだと、…

  4. 頭で掴み、腕で表現し、手で表す。その心は?を報告します。

  5. クリニックの事と、一時であれ思い耽った事。そんな話です。

  6. 治療には、スタンスとしての姿勢がある。それを紹介してみたい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)