うちの先生”変”なんですと、思った話。

うちの先生って(知る人は勿論の事)知ってると思うんですが”変”なんです😩

あっ、申し遅れました…こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🐻

こんな症状を持ってしまったメンテナンスの患者さんがいらっしゃいました💡

被せモノをSETして腫れてしまい...院長の出番となります✊

感染は...ない❕❕…でも腫れた❕❕

内診をすると...40肩🏊‍♀️

右胸鎖乳突筋起始部、硬直⚡️院長悩みながら右胸鎖乳突筋、右胸鎖乳突筋と呟きながら咬合感と身体のバランス(文面上での表現)のコントロールに入ります📊

腫れは引いてきたのですが…..歯茎への腫れが、全て感染という事があるのか❓「力と炎症」の問題という捉え方もあります。腫れは炎症の結果、これは否定しません❗️ただし、炎症が全て感染由来という訳ではないと、私は現場にいて感じる事があります😌そんな事を伝えたいのでしょう。この四十肩やぎっくり腰で、歯茎が腫れるという現症を、現場では時々、観察する場合もあります。この「力と炎症」という関係性の研究が、あまり進んでいない点にその事由があるのかもしれません。業界誌を眺める程度の知識と、院長に聞く程度の知識しか持ち合わせていませんが、そんな事を感じます。どうなのでしょう❓

そして今回の症状。。。腰が痛い。腕が上がらない😓

いつものパターンだと数回は調整がいるかなぁと思いつつ当院の予約現状から、この数回を定期的にアポイントを取る様にしていたら…今日の調整はきついなぁと院長(は呟きます)❗️院長に(予約が入らないから何とかして。っと)私が当たります❗️(院長曰く結構きつい当たりだったよ😅と言われ…その節は申し訳ありませんでした😶)

...すると15分~20分程度で症状が取り除かれました。何をしたのやら😳❓❓❓

最短新記録だったと思います🔔

『何をしたんですか❓』と問いかけると「モビライゼーションっ❕❕」と返されます😑

唯、独り言の様に

「うちって身体と歯の関係の重要性を謳っているじゃないか❗️だから出来ない(解決しないと)とマズいんだよなぁ~😅」と言いながら次の患者さんの元へと戻られていかれました🎶

(そーなんだ🎵身体と歯の関係を訴えるHPは散見する。そのクリニックはどう対応しているんだろう❓)っと、私は”ふと”思いました😶そう甘くないハズ❕❕と思いますが…実際どうなんでしょうね❓

この方、症状が消えて笑って歯のクリーニングに入りました😁✨

読んで下さりオーレイ(御礼)🍀

またお👀にかかりましょう🔍

関連記事

  1. 「噛み合せが大事!は良いとしても、その客観評価法が無い中、さ…

  2. 「”視力が良くなると⇒視力検査がある”けど、”噛み合せが良く…

  3. 多様化と高度化が揃えば、人は本当に個性的でいられるのだろうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)