「歯医者さんが欲する衛生士と、歯科医師が欲する衛生士」これで、伝わるだろうかの巻

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🐻

このブログを読んでいただいている方はご存じかと思いますが私達は歯科に所属しています😃

院長は診療中に歯医者と歯科医の顔を使い分けている様だ😶

私の主観的になるが...だって患者さんの前で

「ここからは歯医者の意識で治療します❗️」と言葉を変える⚠️だから多分、私はさしあたり歯医者の衛生士と歯科医の衛生士という2つの役割を担っている事になるのだろう😕

この持つ意味は、今の所分からない😑意味を理解して頂く為にこんな症例を紹介させて下さい📖

身体の色々な所に不調を感じられています。具体的に何処とか、そういう野暮な(と、今回は感じている)事は控えたく思います。あしからずという事で。ご免なさい。唯、口腔との兼ね合いで、仕事を休職されていました。

実は段々と良くなられ、仕事復帰という運びとなります。その途中経過の、一コマといった所でしょうか❓左→触診(主に術者の理学所見等)、右→患者自覚(ここに、歯科医が症状を確認する為に、具体的にコメントを記す場合があります。)院長は「賢くないから記録を取れば、自分みたいな頭が足りない人間でも把握できる気がする。」そんなコメントを私が問いかけると返されます。ともあれ、記録は本当に大事だなと思います。

 

院長は知られていないけれど、口のトラブルが身体に波及する場合があるという立場を取っています。実際が、医療界の認識として、実態は臨床現場でそんな問題を抱える患者とします。実際、私は知りません。目の前でそんな症状の患者、関連する患者を診ると実態が重要なのではないか❓と、個人としては思ったりもします。でも、難しい問題です😩

調子が悪いと聞いていた👂🏼まさか、仕事も休んでいると思わなかった😳院長も焦っていた💦

唯、仕事に復帰出来て良かった✨休職から復帰する✨こんな仕事に関われる事が出来て素敵だと思いました☺️🎀

今回はここまで👍🏽いつも読んで下さりオーレイ(御礼)🍀

また何かご紹介しますね📝

またお👀にかかりましょう🔍

補足

口のトラブルが身体に波及する実態と申しましょうか?これは、何人(実際は、3桁以上)の患者の記録を取りながら、この実態があると肯定せざるを得ないと、認識した所から私どもも対峙を覚えた。そして、対峙の一部を紹介している。そんな一面にしかすぎません😌

記録の取り方に、もしかしたら、一人の臨床医が”理解できるよう・或いは肯定できる”鍵があるのかもしれません🔑

でも、実際の学識という世界になると、当院レベルの記録という方法では、中々調子が悪いようですので、不思議な世界と思う事にしています😶

 

関連記事

  1. 「衛生士の働き方」の一つの考え

  2. そういえば、私10年選手に為っていました。という、話

  3. 「噛み合せが大事!は良いとしても、その客観評価法が無い中、さ…

  4. 「情報化社会だからといって、リアルが肌感覚で捉えられる訳では…

  5. 働く動機って、単純とやはり思う。そんな話。

  6. 「”視力が良くなると⇒視力検査がある”けど、”噛み合せが良く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)