そういえば、私10年選手に為っていました。という、話

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🐻

衛生士をやっていて10年選手になっています🚴‍♀️衛生士になった頃、10年選手になれるなど想像だにしませんでした😳

漠然と10年選手という言葉に憧れを持つ事があれ、その域に自分が到達する、そんな事考えもしませんでした🏊‍♀️

院長に問いかけると俺もそんなもん😏なりたての頃、10年後も歯科医なんだろうか❓と考えていた😶

丸幸さんは「一生出来る仕事という意識だったから、10年後も衛生士かな❓そんな感じ😜」

ゾーイさんも「専門職の一つだから10年後も衛生士だといいなぁって思っていたゾーイ☺️」

人それぞれの意識ですが、確かに誰一人10年選手に対して具体的に絵を描いていた人はいなかった💡

そうそう都先生は「歯医者になったから10年後も歯医者でしょ✌️」ってシンプルだった😁

「身体と歯は関係ある❗️」「身体と歯は関係ない❗️」

こんな二律相反の議論がある事は承知しています😕10年選手になって関係ないっていう方が無理があるかなぁって捉える様になっております☺️

むしろ身体と歯が関係ないという命題が成立するならば全身性の疾患があっても何も気にせず歯の治療が出来る❗️実際はそうでもない💦人の考える事はうつろいやすく、つれずれに流れるのかなぁって思った感想でした🌀

読んで下さりオーレイ(御礼)🍀

また何か紹介しますね📝

またお👀にかかりましょう🔍

関連記事

  1. 働く動機って、単純とやはり思う。そんな話。

  2. 多様化と高度化が揃えば、人は本当に個性的でいられるのだろうか…

  3. 個性を重んじた職場環境という言葉って、どれくらいなの?観念し…

  4. うちの先生”変”なんですと、思った話。

  5. 「歯医者さんが欲する衛生士と、歯科医師が欲する衛生士」これで…

  6. 自分が特別な存在と思う事の、良し悪し?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)