「衛生士の働き方」の一つの考え

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🐻

当院も来年に向け衛生士の募集を始めています✊一人の衛生士に対し70人ぐらいの歯科医が募集をかけるから見方を変えれば引く手あまたです😇

引く手あまたのはずなのに10年衛生士を続けているのが100人中30人なんて言われているから”どうしてどうして”の環境なのかもしれません😅

そんな「どうしてどうして」を解決する事を期待するのが働き方改革であり、えるぼし認定という施作なのかもしれません📊

でも、女性が(女子の私が言うのはおかしいですが)一つの歯科に勤め続ける事、これはとても難しいというか大変かもしれないなぁって思います❗️

そう捉えると一つの所で頑張る私って「偉い✨」「ゾーイさんも凄い✨」「丸幸さんもあっぱれ✨」

患者さんを診て病態を診て何かと健康になっていきたい私達はその様に考えています☺️🌸

 

顎位に関し『歪む(ゆがむ)・歪む(ひずむ)』とか『いや、歪(ゆが)まない・歪ま(ひずま)ない』とか色々な議論があります📝

私達は相対的に変わるものであり、だから、どうにか健康体に適応する場所を見出さないといけないという立場で臨床に挑んでいます✊今回はここまで✋😊

読んで下さりオーレイ(御礼)🍀

またお👀にかかりましょう🔍

関連記事

  1. ”お菓子が増えた、嬉しい💛”はダメ出しを喰ら…

  2. 複雑な背景が、更に複雑な時代?と、なったという事?

  3. 師走は、はっきりと〆ていきたい。けれど、調整・調整のモジモジ…

  4. 魔王が喜ぶ多様化なのか、視野を広げる上での多様化という価値の…

  5. うちの先生”変”なんですと、思った話。

  6. 「怨嗟の声が、拡がる」気がして、嫌な感じ。そんな話。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)