「”無視も、しかとも”歯科と言えど、してはいけない。これを気付いた話」の巻

ナビゲーターの丸幸礼子です。

 

私は歯科で生きる人種ですので、歯科以外の事は、相当に疎い。但し、働き方改革、デジタル改革(元年?)と、私達の職場環境も1年で振り返ると相当な変化が起きている。

想像しようもないし、分からないけれど、他の歯科クリニックもそうなのでしょうか。或いは、これからなのでしょうか。

いずれにせよ、これからが大事だよな~って、経験した側、いえ今も取り組んでいる側として思います。でも、同業の衛生士諸君!大変だけれど、頑張ろう!!と、伝えたい。

そして、私も続けます。

院長の1人準備は別に、振り返れば3年は、ひたすら働き方改革と言う旗に、私達を集めていたように、今となって思えてなりません。

私の所には、社労士のT美先生と言う女性の素敵な方がいます。彼女が、私達に対し、リアル働き方改革に深く係わるようになるのは、院長曰くここ2年か、微妙に3年と言ったところでしょうか?

当初の頃、束ねられた旗は、私達が常に有利に運ぶ感じだった気がします。だから、常に女神のT美先生でした。

何でも、私達の都合がまかり通っていたように感じる事すらありました。私はT美先生にいつも愚痴を報告し、考えを指南頂き、とても良い甘えの関係でした。

多分、一堂さんもゾーイさんも同じだったのかもしれません。

居心地よかったー。本当です。

しかし、ローチが私達に闘いを挑んでいた事、それに気がついていませんでした。エグイ表現かも知れませんね。

スコアボード(点数表をポチッとなっ!!

ブログを言われたまま、文句を言われながらと言うか、割り切る事の出来ないまま、不満を持ちながら続けます。

そこで、私達は無意識にローチを無視する共闘をいつしか選んでいました。

ローチはどんな時も私達に挨拶は行いますが、何故か指示はひたすら紙で行います。

ローチ風に言えば、報道しない自由を謳歌するジャーナリズムの方々がおられるようです。本当にどうか知りませんが、私達は仕事場でローチを無視すると言う方法(自由)を謳歌しました。

ある朝のミーティングは、ローチが仕切りました。

・今日も皆様、気持ちよく私を無視して下さい。

・よろしければ、時々で良いので、カルテに書いてある内容は覗いてください。理解は求めないからね。

・中途半端に無視を止める、それだけは止めましょう。

・世間的には虐めと呼ぶようですが、ドンマイ気にしない。

・私は虐めとは捉えていませんので、今日も無視を続けてください。

・さて、無視を続けた結果、された側がどんな行動を取ったか、そんな虐め被害の話、これだけは紹介させてください。今は、私の時間ですので、君達は5分程度耐えてください。黙って聞いていれば宜しい。無視と同じでしょ。

そして、ローチはどこから見つけて来たのかそんな被害の話を朗読する。

・さあ、仕事開始、良いですね、中途半端な無視は止めて徹底して無視して下さい。

・唯、大人の社会、患者にバレたら君たちの負けだよ。気を付けてね。

・では、無視タイムの開始です。

・あ、伝言はメモしますのでその通り動いて下さい。

私達は1週間で根を上げた。1週間、虐め被害の話を聞かされ続けた。

今まで院長に対し、腹立つ時うまく言えないけど、女性特有の”らしさ”で無視を無意識に選んでいた。意図的ではないのだけれど、結果論、反抗の気持ちが多分に影響していたのだと思う。

T美先生から早速話が来た。

人を無視する事がどれだけ失礼か。

仕事で人を無視することが如何に愚かか。

そんな連絡が来た。

別の報告も受けた。

虐めの判例の幾つかを紹介された。

私達は凹んだ。

凹んだ末に、考えを改めた。

そして、彼を避けずに面前で詫びました。個々に詫びました。

そして、どんなに気分が悪くても挨拶は行う。それを、私達は誓いました。

チームを構成するのに、礼節から始まり、礼節に終えなければ歪んだ関係が続く。

歪んだ人間関係で、患者の病態を対峙出来るのか。

そんなメッセージを彼は残したかったのでしょうか?これが院長の認識と言う断りは添えます。

T美先生が、初めて私達の甘い意識に対し、行った大きな仕事の1つでした。

そして、その日から無視と言う歪んだ働き方は消えました。

唯、私達にはまだ歪んだ働き方を残していたと身を持って知るには、もう少し時が刻む必要がありました。

今日はここまでとします。

アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

昔のお話です。そんな昔ばなしです。ローチが挑んだものは、正に働く意識、私達の中にあった無意識な甘えそのものだった気がします。

関連記事

  1. 「私達とT美先生。私達の反抗期に対する院長の別の解決案?」そ…

  2. ”草臥れた~”という思いを持つ私の近況報告です。

  3. 「ワクチンによる集団免疫獲得後からが、本番!」+「立ち位置選…

  4. 緊急事態と深刻にされたい方々がいるけれど、もっと前の流行りか…

  5. 「受け入れるか・受け入れないか」って、給料を下げる要求をそう…

  6. ワクチン接種がいよいよ本格化されてきました、に対するお話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)