歯根膜炎に対する情報公開が…ストップと言われた。ケチ院長の巻

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🐻

歯根膜炎の定義は歯根膜炎と歯槽骨間にある極めて狭い隙間を満たしている結合織の炎症となります🦷

後ろから院長の声がかかります😶

「STOP❗️一堂っ❗️❗️」

(えっ😨💦)と思わず反応する私💡

「今年、これを論文に挑戦する予定だから情報の公開をここまでにしないか😨❓」と初めて止めにはいる院長。

『えっ、えっ、え💦』混乱する私。

「暗示とか比喩する程度でお願い出来ないか😅❓」

(えーーーーーーーーーーーーーーーー😇❗️)それしか思いつかない💦


こんないい情報を公開出来ないなんて😓

(院長のケチっ😱)

(暗示とか比喩で表現か…表現してみるか💦)

…考えます😕

 

そういえば少しスタッ人を(アルバイトですが)増やします✌️

もう少し目配り・気配りが出来る様にクリニックとして”今できる”努力です✨

今回はここまで🍀読んで下さりオーレイ(御礼)💋

またお👀にかかりましょう🎀

関連記事

  1. 愛とは深いものなのか。責任者の気づかぬ振りが、結果として私の…

  2. 有給まで、カウント・ダウン中。そんな話。

  3. 『メインテナンスを受ければバラ色』ではなく、『メインテナンス…

  4. 風通しの良い職場は、自覚と自由の精神と、プロの意識。そこから…

  5. 人生を語るには、まだ、早い年頃のようで。美しい何かが生まれた…

  6. 夏に入って思う事。一堂の独白。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)