「言い間違いには、”にまーっ”は止めた方が良い。女心を白けさせます。」編

こんにちは、ナビゲーターの一堂一花です🐷

私だって言い間違いもします💦その時『にまーっ』と素敵な笑顔を見せた男がいた😑

事件は処置後に起きた🔍

「最後、洗浄しておいて(水流で)」

この指示から物語が始まる📖ポケット内を軽く洗って…専門用語だとイリゲーションという✨

 

それに対して私は患者さんに『これから右の左右を洗いますので…』

😳😳😳❗️

正解は…

『これから右の上下を洗います』だった…😩

左右⇒上下

この言い間違いに嬉しそうな顔…😑

 

…ムカつく😑😑😑😑😑

少し、専門的な事を。イリゲーション効果を狙っています。このイリゲーション。歯科の臨床にとっては、結構、意味を持つので洗浄する針先の形に拘る必要性が出たりもします。

今回はここまで🌜またお👀にかかりましょう💋

関連記事

  1. ”院長が、最新のという表現に憧れる?訳。実際は、関係ない話で…

  2. ”歯科医院は、PC抜きに語れない時代に変わりつつあるのでしょ…

  3. ”仮歯は、暫定処置という位置づけ以外に、治療装置という位置づ…

  4. 骨は変わる生き物と言えば良いのか、可塑性の存在と言えば良いの…

  5. ”デジタル化で、一開業医如きでも患者カンファレンスを挑戦でき…

  6. ”今日で全てが終わるさ、今日で全てが始まる”の巻

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)