顎イテェーも、生理学用語を駆使すれば説明が出来るのかもしれない”の巻

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

そういえば、昔、顎イテェーー!!と言う患者が来ました。

昔、「イエーイ、君を好きで良かった、このままずぅ-とずぅ-と 死ぬまでHAPPY~♬バンザーイ♪」と、ウルフルズの名曲がありました。

これを、顎に置き換えると

「イテェーー!!顎が痛くて最悪、これからずぅとずぅと、痛みが取れるまで最悪👎」

となっちゃうのでしょうか。

痛いと言われた際、実際触って確認をする時もあります。左から右へと時間軸での変化です。減っている様にお感じになれば、私と同じ。不思議な変化と個人的には思っています。無事に臨床が終わる事が、私の願いでもあります。

そういえば(きっと、預言者風に言うなら、今から三年後)こんな表現が生れるかも知れません。(本当になったら、預言者と思われて下さい。文章の勢いで書いています。)

昔、マスクのし過ぎで”姿勢が縮んだお子さんがいました。(えっ?と思われる方が居られたら、実は、私共も同じです。えっ?でした。)

マスクを外せ‼!っていうテーマではありません。マスクの使い方を工夫できないかなっていうお話。お暇なら…(ご覧ください)という事で。強くご覧に成って下さいという、エネルギーはありません。はい。

詳細はこちらを見てください。

少しずつ背が戻ります。

そういえば、私、衛生士、医療従事者です。

少し、専門的用語を使いながら・・・

身体【を起こせば(ほぐせば)】が求心性筋収縮状況に陥ったとして、その解放を遠心方向に仕向けてみると。

身体は楽になるのです。(と、申しておりました。)

顎も楽になるのです。(マスクによる求心性筋収縮の影響といえば良いのでしょうか?)

と言った出来事もあるのかもしれません。

顎と顎関節部が固まるから、スプリントを入れて休ませるのです。

と言った表現があるとします。

これを医学用語に置き換えると・・・

『丸幸・・・!!』
ローチの呼び出しが来ました。

今回はここまでとします。

仕事の合間のワープロ打ちは中々大変です。

 

そー言えば、ここの患者、結構笑ってお帰りになる。(事が多い。)それが嬉しいし、私達の誇りです。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

 

関連記事

  1. ナビゲーターのエレーナ・ゴンザレスが、思い出した魔法の言葉。…

  2. 顎イテェーは、チッコと。夏バテだから、軽めのお話。の巻

  3. (急性の)顎が痛い(顎関節症)時は、矯正は禁忌×ですが、(慢…

  4. 感謝の気持ちを報告します。ありがとうございます。

  5. 今年のお盆は通りすぎて、エレーナ・ゴンザレスです。

  6. 単純にデジタル化と言っても、紆余曲折がありました。そんな話で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)