”最終回。今回は語ってみよう。”そんな話。

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

「顎イテェーッ!」っていう表題を今回のシリーズの題目として、当院は掲げてみました。

唯、お恥ずかしい話、題目だけはいつもノリです。

そう、私は感じています。

少年漫画ではありませんので、友情・勝利・情熱などと、胸を熱くする言葉は、どうにも選びようがありません。

ところが、この編集役、題目だけは、いつも”ノリ”?とこちらが思うようなものしか、掲げません。

この人は。。。

と、内心思いながら、それに促されるよう(本当?と個人は思っていますが、その題目を意識しながら書いております。)文章を構成しています。

だて、ここだけの話、

【飛ぶ】だの

【JUMP】だの

【立つ】だの

いったい何なの?

この題目は?と無茶ぶりと思うものばかりです。

問いかけると、具体的って嫌じゃない?と煙に巻かれます。

それもあり、個々に好き放題思ったことを、表現しているのかなって考える次第です。真面目に書かれている歯科のブログも、必ずやあると思います。歯科医によるブログもあれば、衛生士によるブログもあると思います。歯科について語るほど、いえ、語れるほど、私達はしっかりとしていません。いずれにせよ、どうぞ、これからも、よろしくお願いします。

そうそう、今回のお題は珍しく具体的に表現しようかと言う訳で、”顎イテェー”になった次第です。

そして、中々、真面目に語る所には、私以外の2人(エレーナも丸幸も)も行き着いていないようで、表現は大変と今更ですが、素人ながらに思います。

こういう感じを歪んでいるというのでしょうか?どうでしょう?

別の角度で見た所見です。あっ、初診の身体の調子悪い時の模型でした。

下も歪んでいませんか?

背面観です。

模型からでも、変化って分かる事もある様で、顎イテェー(言葉通りお読みください)で毎週2回、整体で維持していたのが、そこまで通院しなくても良くなったみたいで、顎イテェーにも、目で見てわかる理由がある。

そんな事を感じて頂ければラッキー!!そんなものです。

 

さて、続けます。

これも歪みと言えるのでしょうか?

 

別の角度です。

さて、これを歪みと見るなら、

歪みが治まれば・改善されれば

別の景色が起こると思いませんか?

何か変わっていませんか?

こんな風に変わっています。

こちらも変わっていませんか?

 

歪みの改善が起きていると言えば良いのでしょうか。

まっ、ワイヤーを支えるブラケットが見えますので、矯正中の方です。

 

こんな分析を行う時があります

顎イテェーって言う題目でした。

院長はあまりリアリティを紹介する事。これ自体好まないようです。彼曰く、OPEの連続写真の紹介は専門家には必要でしょうし、有効でしょう。でも、非専門家が読み物として読むとするなら、単なる自慢の勲章。控え目に抑えた方が良いのでは?

それが彼の考え方。

私らも、正確にはそこまで詳しくはない。だからあたかも”ノリ”という感覚で、表現を進める。このお陰で、自由な表現が出来ます。お陰で、かたっ苦しい文章を書かなくて済みます。実際、唸るような文章を書く能力も無いです。あれば、文筆業を職にしていると思います。唯、何を食べた。何を視聴した、そんな日常を紹介しないで済む分、気が楽という物です。

でも、今のやり方、本音として、嫌いではありません。文章のトレーニングを受けていない身とすれば、自由は楽です。

さて、話を戻して

顎の痛みがある時、むし歯で痛みがある時、何らかの症状があった際。

どんな(口腔に生じる)問題であれ、患者のあなたが目で見て、読んで納得できる紹介が存在する。そんな物が、何処かにあれば、役立つ事もあると思うのです。

表現法が、先鋭して、一目でわかる方法が来る時代が来るかもしれません。唯、そんな時期では、”まだ無い”のだろうなって私達は考えています。

だから、(何となくかもしれませんが)その紹介がとても大事だと考えます。

私共は、それを大切にしたいと考える医療機関でありたいと思っています。

ありがとうございました。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えている事が分かると励みになります。

丸幸 礼子

関連記事

  1. 顎が痛いだけで、臨床は進む訳ではない。色々痛みを伴う場合は、…

  2. ナビゲーターのエレーナ・ゴンザレスが、思い出した魔法の言葉。…

  3. 多様化という言葉で、踊らされる時

  4. 『歯が並んでも痛みが走る時があったさ』そういう時は、深呼吸を…

  5. 今度、こすが歯科医院に入ったスタッフです。どうぞ、お見知りお…

  6. 顎イテェーも、生理学用語を駆使すれば説明が出来るのかもしれな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)