口腔内の状況で変化する歯同士の当たりとか顎位の捉え方についてー府中の歯医者:こすが歯科版ー

ナビゲーターの丸幸 礼子です。

今回は異色の進め方になります。

一堂さんとは違う世界で話を進めます。

前回の話は(顎関節症の整理)。この続きになります。

顎位も安易に変わる話について、私は書きたかったのでと思います。

紹介した模型は年単位の治療の結果の紹介でした。

でも言える事は顎位が変わり咬合が変わった。

噛み合わせが変わった。と言うことでしょう。

では、例えばあなたがむし歯の治療をしたとします。

削り終わって、型を取って(印象を取ると私達は言います。)そして仮蓋をして1日の治療はおしまいとなります。

では、噛み合わせの型とここからは表現します。

これが影響を渡す事はないのか。

これについて紹介してみたく思います。

前回の患者のお話の要点整理。

ある位置で噛み合わせを取ると

腰がイタイ。。。 膝がイタイ。。。

と患者より報告を受けます。

これは、患者に只「噛んでください。」とお願いした際の噛み合わせの位置で確認した出来事でした。

患者のその時のコンディションで取った噛み合わと言えるのでしょう。

これを患者がとりあえず噛んだ位置と定義付けます。

こいつが曲者だった。身体に症状が出た…

院長も怪訝な表情を見せながら、触診を始める。

その後、一つ噛み合わせを取り、確認する。→ましだけれど、いまいちだった。

院長、何かを呟きながら道具を用意するよう指示される。

高さもコントロールしながら、再度かみ合わせを取る。→OKというサインを患者より貰う。

3つのバイトは、それぞれ顎位が違います。向かって右から膝が痛い。腰が痛い。 肩もおかしい。真ん中は少し補正をして、でも膝と、腰は…一番左のバイトは、 高さも補正しなおし始めて症状が消えた位置。こんな事もあるという事で…

こんな事があるのか…、と思っていただければ幸い。だから、臨床はいつも気が抜けない。


そうそう、口のコンディションについて、もう少し分かりやすい景色を紹介したく思います。

下の咬合紙の絵を見てください。

歯茎の処置を行った術前・術後です。

上段が術前。下段が術後。1時間弱後の変化です。               このように口腔内の歯肉の健康状態を変えると歯の当たりが変わります。前後だと下段の方が全体的に当たってる気がしませんか? 咬合調整など一切していません。念のため。。。

この紹介した物語をもう少し深堀する予定です。

◇口のコンディションで、歯の当たる位置が変わる事がある。

◇歯の当たる位置が、変わる事は意味する事は、顎位に影響を及ぼす事となる。

◇顎位に影響が及ぼされる時、時に顎の関節に影響を及ぼす事は無いのだろうか?

こんな事を、私たちは大事に日々の臨床に取り組んでいます。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えているのが分かると励みになります。

   丸幸 礼子

関連記事

  1. 意識のずれは、どこから生じるのだろう?

  2. 顎のしびれに、何とか対峙している器具の紹介!CO2レーザー(…

  3. 顎関節症の口元の一例(こすが歯科での症例の一つ)

  4. 咬合誘導を、イメージしやすくするには(こすが歯科版)

  5. 年始のーご挨拶ー(こすが歯科からの挨拶です)

  6. 歯の形は天然歯なら、きっと神様が。補綴の歯は、誰が形を決める…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)