顎のしびれに、何とか対峙している器具の紹介!CO2レーザー(こすが歯科版)

急遽、代打の丸幸 礼子です。

一堂さん、ちょっとお風邪気味なので。

うちの設備、一つ紹介します。

それは、

”CO2レーザー”

当院が使っているCO2レーザーです。

この機器と顎関節症が、関係あるの?と、思われる方がいらっしゃる方もおられるかもしれません。

唯、例えば、「顎がしびれる」と言うような感覚をお持ちの方に、活用させて頂いております。

『痺れは、こいつがあって、何とか対峙しているけれど難しいよね…』と、院長談。

今回は軽い情報の紹介でした。次回から、再度顎関節症のお話に戻ります。顎つながりという事で、ご容赦を。

*機会があれば、このレーザーの効能も紹介してみたく思います。

よろしければ、時々覗いてください。アクセスが増えているのが分かると励みになります。

   丸幸 礼子

 

◇痺れには温庵療法が効果があると言われています。

◇当院は、レーザーでその効果を狙っている次第です。

◇それぞれの先生が、ご研究や論文に基づき、対処法をお持ちだと思います。

◇顎の痺れという現症は、保険項目に該当しません。従い、保険外項目になります、

◇温庵療法は対処療法にすぎず、完治を目指すものではありません。

◇但し、対処療法で収まる方もおられます。同時に、対処療法では無理な方もおられます。

◇無理な場合、別に原因がある場合もあります。

関連記事

  1. 「咬合誘導と矯正の違い」について、一つ語ってみます。(こすが…

  2. 顎関節の前にこすが歯科が取り組む咬合誘導のお話

  3. まだ続くんかーい!? (府中のこすが歯科から顎関節症について…

  4. 府中のこすが歯科から顎関節症の診断の一つと治療法の一つの紹介…

  5. 顎関節症の口元の一例(こすが歯科での症例の一つ)

  6. 口腔内の状況で変化する歯同士の当たりとか顎位の捉え方について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)