こすが歯科医院

歯周病は健康全般に影響?歯周病専門医が解説!

予約のお問い合わせ

歯周病は健康全般に影響?歯周病専門医が解説!

歯周病は健康全般に影響?歯周病専門医が解説!

2024/02/12

歯周病は歯だけでなく、全身の健康にも影響を与えるということをご存知でしょうか。歯周病専門医によると、歯周病は心臓疾患や糖尿病などの生活習慣病の発症リスクを高めるとされています。今回は、歯周病と健康について解説します。

目次

    歯周病と健康の関連性とは?

    歯周病は、歯肉とその周囲の組織に炎症を起こす疾患であり、歯の失いや全身の健康への影響があります。具体的には、歯周病患者は心疾患や糖尿病、骨粗鬆症、肺炎などの発症リスクが高いことが知られています。歯周病は、口内細菌が炎症を引き起こすことが原因であり、これらの細菌が全身に影響を与えることが考えられます。一方、定期的な歯科検診や適切な歯磨きといった口腔衛生の習慣が心疾患や認知症のリスクを減らすことが報告されています。つまり、口内環境の改善は、全身の健康を維持する上でも重要であると言えます。歯周病は、明らかな症状はないものの進行性があり、重要な病気であると認識する必要があります。定期的な歯科検診や口腔衛生管理は、歯周病を予防するために必要不可欠なものとなっています。

    健康全般に悪影響を及ぼす歯周病のリスク

    歯周病は、口内環境に関する問題に繋がり、慢性的な炎症を起こす疾患です。歯周病に感染すると、歯茎の腫れや出血、歯の緩みや抜け落ちなどの歯の問題にも繋がることがあります。しかし、それだけでなく、全身的な症状を招く恐れがあります。実際に、歯周病は、心臓病、糖尿病、脳卒中などの健康問題と関連しています。歯周病は、口内で細菌を増殖させることができるため、口腔衛生を怠ることが原因だと言われています。それゆえ、歯周病を防ぐには、適切な歯磨きやフロス使い、マウスウォッシュの使用などが必要です。また、定期的な歯科医院でのチェックアップも効果的です。歯周病を未然に防止することで、口腔内だけでなく全身の健康にも直結することが分かりました。

    歯周病を放置するとどんな問題が起こる?

    歯周病は、歯と歯茎を支える組織である歯周組織の炎症を起こす病気です。放置すると、歯周組織が破壊され、歯が抜け落ちることに至ります。また、炎症が進行すると、口内から菌が体内に侵入し、全身疾患の原因となるリスクも高くなります。具体的には、糖尿病、心疾患、脳卒中、呼吸器疾患、妊娠合併症などが挙げられます。そのため、歯周病は放置せず、早期発見・治療が必要です。歯科医院では定期健診やブラッシング指導、専門治療などを行っています。日頃から歯磨きにも気を配り、歯周病の予防に努めることが大切です。

    歯周病を防ぐためにできる対策とは?

    歯周病は、歯肉の炎症を引き起こす病気で、歯を失う主要な原因の1つです。歯周病を予防するためには、日常的な歯磨きや定期的な歯科検診が欠かせません。普段の生活でできる対策の一つとしては、歯磨きの際に歯ブラシをしっかりと歯肉にあて、歯垢や食品のかすをしっかりと取り除くことが重要です。また、フロスや歯間ブラシを使用して、歯と歯の間の汚れを取り除くことも大切です。食生活についても、歯に優しい食品を選んで、歯を健康に保つ工夫を心がけましょう。定期的な歯科検診では、専門家による歯の状態を的確にチェックしてもらうことができます。歯周病が進行している場合には、適切な治療を行わないと歯を失うリスクが高くなります。歯周病を予防するために、普段からしっかりと歯磨きを行い、歯科検診を受けることが大切です。

    歯周病にかかったらどうすればいい?歯周病専門医に相談を

    歯周病は、口の中の細菌が歯茎に炎症を起こし、歯茎を痛める病気です。初期の段階では、歯磨きやフロスで処理することもできますが、進行してしまうと、深刻な問題を引き起こすことがあります。特に、歯周病が進行すると、歯茎から細菌が骨に浸透し、骨が溶け込み、歯が抜けることもあります。歯周病にかかった場合は、専門医に相談をすることを強くお勧めします。歯周病専門医は、歯周病の治療を専門に行う医師であり、その専門知識を持っているため、適切な治療方法を選択し、早期に治療することができます。また、処方された薬や治療方法に従うことで、歯周病の進行を防止することができます。歯周病の進行を避けるために、定期的な歯科検診と歯磨きを実施することも重要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。